オンラインカジノの基礎知識
2020年10月1日

優良なオンラインカジノを見分けるにはどんな点に注意すべき?

今、ネットゲームの感覚でギャンブルが楽しめると言うと、オンラインカジノがあります。
現在も、世界中では年間に数多くのオンラインカジノがネット上で立ち上がっている程です。
しかし、その中には突然閉鎖されたり、短い期間に破産してしまうサイトもあります。
見た目のWEBサイトが美しくきらびやかな構成になっていたからと言っても、決して優良で安全なオンラインカジノという訳ではありません。

そこで、ここではネットギャンブルに経験のない初心者でも、一目で優良なオンラインカジノを見分ける方法をお伝えしていくことにします。

悪質なオンラインカジノの被害実態

悪質なオンラインカジノの被害実態
優良オンラインカジノのサイトの見分け方を説明する前に、悪質なカジノサイトでどのような被害が発生しているのかを、認識しておく必要もあります。
冒頭でもお話したように、自分が知らない間に何の前触れもなく突然サイトが閉鎖されていたということが少なくありません。
ある悪質カジノサイトでは、プレイヤーに残高を返金しないまま閉鎖して、そのまま逃げてしまったというトラブルが起こっています。
この他にも主なトラブルの事例としては、ゲーミングソフトのバグやフリーズ、通信切断の多発、配当金引き出しの凍結、事前説明なしのアカウント消去、サポート部門からの無応答、サイト自体の閉鎖、ボーナス申請語後の支払い拒否等、様々なケースが挙げられます。

見分け方の基本は、ライセンスを取得しているかどうか

優良オンラインカジノと悪質サイトの見分け方の基本は、まずオンラインカジノが運営している国・政府からカジノ運営許可証(ライセンス)を取得しているかどうかを確認することです。
ライセンスを取得していないということは、許可を得ていない違法な営業ということになり、悪質なオンラインカジノである可能性が高いと判断できます。
このライセンスの有無は、大半のカジノサイトのホームページに掲載されているので、簡単に確認することができます。

◇ライセンスの発行国・政府の信頼性
見分け方の基本は、ライセンスを取得しているかどうか
オンラインカジノの事業を始めるなら、事業を始める国の政府からカジノの運営許可を取得しなければならないことを理解頂けたかと思います。
ライセンスを取得することで、そのカジノサイトは厳しい審査基準を満たしていることが証明されたことになるはずです。

しかし、このライセンスを発行する国や政府もしっかりと見極めする必要も残されています。
ライセンス獲得には、一定条件を満たす必要があり、カジノ運営に必要な資金力・運営力を十分に有していることや、提供するゲームやシステムの公平性が保たれており不正がない点、犯罪組織との関係性がないこと等の要件が求められます。
しかし、この審査基準はライセンス発行国や機関によって大きなバラツキがあることも事実です。
ライセンス発行の審査基準が国によって異なっているために、ライセンスがあるので必ずしも安心とは言えないのです。
数度の厳しい審査でやっとライセンスを発行する国もあれば、逆に審査料や使用料を払うだけで、無審査で取得できるライセンスもあるくらいです。
したがって、ライセンスの有無だけでなく、審査が厳しく信用の置けるライセンスを取得しているかを確認することで、さらにオンラインカジノの安心度を高めることができます。
ちなみに、現在のライセンス発行国や機関で非常に信頼性の高いのは、イギリス、マルタ、マン島、アンティグア、オルダニー島、フィリピンのパグコーと言われています。
万が一、ライセンスが持つオンラインカジノが不正をしていたとしても、その際に国や機関に救済を求めることができたり、カジノの急な倒産の憂き目に遭ったとしても、残高返還の手助けをしてくれたり、良質な発行機関は、プレーヤーにとって心強い存在にもなるのです。

監査機関の有無も重要

また、ライセンスの問題が解決しても、その後に重要になってくるのが監査機関からの審査を受けて、合格しているかどうかという点です。
ここで言う監査機関というのは、オンラインカジノが公正に運営されているかを定期的に審査してチェックを行うる第三者機関のことを指しています。
具体的には、カジノのソフトウェアに不正なプログラムが仕込まれていて、ゴマカシがなくしっかりとしたオープンな運営が行われているかを審査することで、そのチェックが実施され、カジノサイトの運営の健全性が担保されるのです。
たとえ信頼の高い国からのライセンスを取得していても、その後ずさんな運営になっていたのでは、ライセンスに何の意味をありません。
そこで、定期的に第三者機関がチェックを行うことで、オンラインカジノは公正性をプレイヤーに対して証明するわけです。

具体的な監査機関

具体的な監査機関
では、オンラインカジノの公正性を審査する第三者機関としては、どのようなものがあるのでしょうか。
大変権威のある機関としては、TSTとeCograがあります。
これら各機関について見ていくことにしましょう。

◇TST(テクニカルシステムズテスティング)
TST(テクニカルシステムズテスティング)は、カナダのバンクーバー発祥の機関で、カジノゲームに留まらす、ランドカジノやロト業界、eコマース、IT企業等の多岐にわたる業界で、サービスが、業界の基準を満足しているかを厳しく審査しています。
審査内容は、乱数発生器(RNG/ランダム・ナンバー・ジェネレーター)が正しく動作しているかや、顧客対応基準が業界標準のレベルで実現できているか等をチェックすることです。
同機関の審査内容は、製造・据付における品質保証のためのモデルの指標のISO9002の認証を受けており、審査自体も公正性が保たれています。

◇eCogra(イーコグラ)
もう1つのeCograも、オンラインカジノ業界では、非常に有名な審査機関で、イギリスで設立された非営利組織として、オンラインゲームのソフトウェアと製作会社等の審査を行っています。
ここの審査内容でも、乱数発生器(RNG)の正常動作チェックを行っていますが、その他に還元率(RTP)チェックを加え、ゲームの公平性を評価しユーザープライバシー保護、正常なぺイアウト、カスタマーサポートレベルも審査の対象としています。
これらの機関の審査にパスしたオンラインカジノが、透明な公平性を実現しており、プレイヤーの不利益にならない信頼性の高いカジノとして証明されるのです。

まとめ

世界中には、数千ものオンラインカジノがネット上に公開されていると言われています。
その中で優良なオンラインカジノを見分けるためには、ここで述べた事項をしっかりと理解して確認することで、安心してプレイを楽しむことができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。