オンラインカジノの基礎知識
2020年5月15日

ギャンブルとして決して逃れられない命題

ギャンブルとして決して逃れられない命題
世界的な娯楽としての地位を不動の物にしつつあると言っても過言ではないオンラインカジノ。
ネット環境さえあれば誰もが手軽に楽しめる一方で、カジノ特有の高配当も待っているとあって、高い注目を集めるに至っていますが、そんなオンラインカジノは抱えている問題がいくつかあります。

中には、決してオンラインカジノ業者だけの問題ではなく、社会全体で取り組まなければならない問題もあります。

ギャンブル依存症の問題

ギャンブル依存症の問題
オンラインカジノは当然ながらギャンブルです。
更に言えば、国内の他のどのギャンブルよりも高配当で知られているだけに、オンラインカジノにハマっているプレイヤーも多いことでしょう。

オンラインカジノの楽しみ方は自由です。
気分転換で楽しんでいるプレイヤーもいれば、利益が出たら嬉しいけど、あくまでもほどほどにという人もいれば、オンラインカジノに熱中しているプレイヤーもいます。
そこで一つの問題がクローズアップされます。
そうです、ギャンブル依存症の問題です。

ギャンブル依存症は、名前からも分かるようにギャンブルに依存してしまう症状です。
とにかく勝利を目指すという人や、ギャンブルそのものをプレイしていないと落ち着かないなど、ギャンブル依存症にもいくつかの種類が存在します。
また、ギャンブル依存症の問題点として、当人よりも周囲の人間の方が迷惑を被る点が挙げられます。

借金を繰り返す、延々とギャンブルを繰り返している当人は、ともすれば楽しさもあるでしょう。
自分がギャンブル依存症だとの自覚もなく、ただただギャンブルを繰り返していることでしょう。
しかし、「周囲からすれば一体何をしているのか」となります。
場合によっては周囲にお金を無心しているかもしれません。

もちろんギャンブル依存症の問題はそれまでも度々掲げられることもありましたが、今後日本国内でもIR解禁に伴い、カジノも解禁されます。
その中において、オンラインカジノがどのような形で位置付けられるのかはまだまだ未知数ではありますが、日本国内に於いてカジノが今以上に身近なものになることは間違いありません。
となると、ギャンブル依存症に対してどのように取り組むのかという、社会的道義の問題も発生することになります。

それまでオンラインカジノはいわば「国外の業者」のものでした。
そのため、オンラインカジノ業者側としても、決してギャンブル依存症の問題を無視していた訳ではないものの、あくまでも「自己責任」というスタンスの所が多かったのも事実。
しかし、今後国内でカジノが身近なものとなり、ギャンブル依存症の問題がクローズアップされるようになれば、オンラインカジノ業者としても真剣に取り組むべき課題となっていくことでしょう。

国内の法律問題

国内の法律問題
オンラインカジノが抱えている問題はもう一つあります。
こちらもまた、日本国内での話ですが、「法的見地」です。

オンラインカジノは、法律が曖昧な部分があります。
国内ではギャンブルは違法です。競馬や競艇、競輪、宝くじといった公営ビジネスのみが認められているもので、パチンコでさえ本来はグレーゾーンとされていました。
オンラインカジノも同様で、国内の法律では違法ではあります。
しかしながら、海外の業者が海外のサーバーにて運営しているので、法の適用は海外の物になるという解釈のもと、日本人ユーザーもオンラインカジノを楽しんでいます。

とはいえ、近年世界の首脳同士の話し合いでも、デジタル分野における法解釈が様々な形で議論されています。
いわば、それまでの法律はインターネットなどない時代に作られたものです。
そのため、法律がインターネットを想定していないため、インターネット時代になかった法律の解釈をインターネットに強引に当てはめるしかありませんでした。
しかし、法整備が進めば、それまで曖昧だったものに対しても白黒つけられることになるかもしれません。

特にオンラインカジノはIRとの兼ね合いもありますので、今後どのような形になるかは未知数です。
その点では、今後日本の行政としてもオンラインカジノを視野に入れつつ、カジノそのものと向き合う必要性が出てくる可能性もあります。
オンラインカジノがどうなるのか、オンラインカジノユーザーとしてもしっかりとチェックしておいた方が良いでしょう。

IRは日本国内のカジノ解禁ではありますが、国内の2カ所に限定するなど、「全面解禁」ではありませんので、オンラインカジノがどうなるのかもまた、全くの未知数です。

まとめ

オンラインカジノはインターネット上のギャンブルということで、それまでの法解釈に当てはめることが難しい部分があります。
さらにはIR解禁が迫る中で、どのような立ち位置になるのかは未知数です。
そのため、オンラインカジノがどのような形で動くのか、扱われるのかは常日頃からチェックしておいた方が良いでしょう。
もしもですが、オンラインカジノの扱いがおかしいなと感じることになれば、ユーザーとしていろいろと動くことが大切になる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。