オンラインカジノの基礎知識
2018年9月19日

ギャンブルだからこそ必要な準備

オンラインカジノを始めるためにはカジノ選びから

オンラインカジノを始めるためにはカジノ選びから

オンラインカジノをこれから始めようと考えている方は多いのではないでしょうか。
オンラインカジノを始める場合、まず行うべきなのがカジノ選びです。
オンラインカジノの中には、悪質オンラインカジノと呼ばれるようなオンラインカジノも存在しています。
こういったカジノでは勝つことが出来なかったり、突然閉鎖してしまうというケースも有るようなので、けして登録をしないようにしましょう。

オンラインカジノと一言で言っても、導入されているソフトウェアによってゲーム性が大きく異なりますので、比較をしてみることが大切です。

年齢制限と軍資金について

オンラインカジノには年齢制限が設けられています
年齢制限についてですが、大体のオンラインカジノで18歳以上からとなっています。
また、カジノによっては、20歳以上からのところもあります。
最初に規約を確認しておくようにしましょう。

オンラインカジノの軍資金ですが、大体10万円以上を用意しておくことがおすすめです。
プレイヤーの任意で賭け金は設定することが出来ますが、ある程度の余裕資金があることで、たっぷりとギャンブルが楽しめます。
また、ボーナスなども受け取ることができますので、軍資金は多めに用意をしておくようにしましょう。

クレジットカードの用意をしておく

クレジットカードの用意をしておく

オンラインカジノの準備ですが、あらかじめクレジットカードを用意しておきましょう。
オンラインカジノでは、電子決済サービスも使えますが、どのみちクレジットカードはチップ購入の際に必要となります。

クレジットカードは最近では、使えるオンラインカジノも増えてきましたが、規制の影響ではねられてしまうこともありますので、複数枚用意しておきましょう。
最近では、VISAやMasterCardの他にも、JCBに対応しているオンラインカジノも増えつつあります。

インターネットバンキング口座の準備を

オンラインカジノでは、銀行送金の時に反映されているかどうかがすぐに確認できるようにするためにも、インターネット場キングを用意することが望ましいです。
大手銀行の口座があれば安心です。また外貨口座があれば、オンラインカジノから引き出したドルなどの外貨をそのまま貯めておくことが出来るので、便利に使えます。

本人確認書類とスキャナーについて

オンラインカジノでは払い戻しの際に本人確認書類が必要となります。
このため、払い戻しの時までに身分証明書類を用意しておきましょう。

運転免許証・パスポートなどがありますが、パスポートが通りやすいようです。
その他、住所確認が必要となることもありますので、公共料金の明細書を用意しておくと良いでしょう。
また、これらはメールで画像として添付して送る必要があるので、スキャナーを用意しておきましょう。
スキャナーは高価な物は必要がないので、1万円以下のものでも問題ありません。

オンラインカジノのダウンロードとアカウント登録

オンラインカジノを始める際には、ダウンロードを行います。
インターネットの場合、アイコンをクリックすることで、ダウンロードが開始となりますが、Macの場合は未対応となりますので、ダウンロード不要のタイプのオンラインカジノを選ぶようにしましょう。

また、モバイルの場合も、ダウンロードは不要です。
ダウンロードが無事に完了すれば、アカウント登録を開始します。
アカウントの登録は日本語での入力ができますのでとても簡単です。間違えないようにローマ字で入力をしましょう。

チップの購入について

チップの購入について

オンラインカジノによって使えるかどうかは違いますが、クレジットカードが使えるカジノもあります。
オンラインカジノのキャッシャーから、チップ購入を行います。
オンラインカジノの中には、プリペイドカードや、デビットカードが使えるところもあります。
また、仮想通貨のビットコインが使えるところもありますので、どういった支払い方法が良いのが考えておきましょう。

また、その際にボーナスの申請も行います。
メールで送る必要がある場合と、ボーナス申請ページで申請するという方法があります。規約などで確認をするようにします。

払い戻しについて

オンラインカジノから払い戻しを行う場合、銀行送金やエコペイズ、そして小切手などの方法があります。
多くのオンラインカジノでは、エコペイズがおすすめされています。
銀行送金の場合、手数料はかかりますが口座に直接送金をして貰えます。
また、小切手は発行までに時間がかかりますし、またその手数料も高いので、あまりおすすめできません。
払い戻しの際には本人確認書類の提出が求められますので、用意しておいた身分証を提出しましょう。

ここで、最初に登録をしたアカウントと不一致であれば、払い戻ししてもらえませんので、注意が必要です。
虚偽の情報を登録をしていたとみなされれば、アカウントが停止になってしまうこともありますので、注意をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。