オンラインカジノの基礎知識

オンラインカジノは合法?違法?

スマートライブカジノ

オンラインカジノが、日本国内において合法なのか違法なのかという議論は、これまでにさんざん交わされてきました。そして、結局辿り着く結論は、「合法でも違法でもなく、グレーである」そして「オンラインカジノで遊ぶ際には自己責任で遊ばなければならない」と言った、はっきりとしない物でした。
そもそも、日本国内でギャンブルというのは基本的に認められていません。認められているギャンブルは、いわゆる「国営ギャンブル」である競馬、競輪、競艇、パチンコ、スロットなどです。宝くじもギャンブルと言えばギャンブルかもしれませんね。こうしたギャンブル以外の全ては賭博法という法律により取り締まられる対象となります。
例えばあなたが友達の家に行ってトランプを行い、勝った方が負けた方から100円もらうというルールで遊んだとします。これも、実はバレれば罪に問われるものです。このような少ない額で、1個人の家の中で行われるようなものは、まずバレることはないので黙認されているというのが現状ですが、オンラインカジノは違います。
オンラインですから世界中に公開されているということになります。これまでは「運営しているサーバーが海外にあるため、ゲームやお金のやり取りは海外で行われている」という認識がされており、日本の賭博法はその効力の及ばない範囲だと考えられていました。しかし、2016年に起きたある事件では、海外にサーバーが設置されているオンラインカジノをプレイしていた日本人が三名逮捕されるという内容でした。これは、日本中のオンカジプレイヤーたちを震え上がらせる内容になっています。

ライブカジノ

スマートライブカジノは違法だったのか?

スマートライブカジノを運営している企業はイギリスの企業でした。そして、サーバーも海外の物でした。
そのため、運営体制それ自体には違法性はありません。ただ結果的に言えば、逮捕者が出たことによって、スマートライブカジノはその後閉鎖に追い込まれたと言っても過言ではありません。
3月に事件が起こり、その後7月にスマートライフカジノは閉鎖し、運営会社も倒産しています。
つまり、違法ではなかったにせよ、逮捕者が出たことによって運営ができない状態に陥ったということでしょう。
ではなぜ逮捕者が出てしまったのかということですが、これは逮捕されてしまったプレイヤー側にも問題があったようです。自分のIDが掲載された画像をインターネット上で自身のブログに掲載したりしてしまったことで、警察がそのブログを見つけて、逮捕に踏み切ったのではないかと言われています。スマートライブカジノが日本人に特化した内容のサービスを行っていたということも、要素の一つではあるようです。