オンラインカジノの基礎知識

オンラインカジノとは

オンラインカジノとは

オンラインカジノは、インターネット上のギャンブルサービスの一つで、本物のカジノと同じようなゲームで遊ぶことができるサービスです。
パソコンからもアクセスしてできますし、スマートフォンからもアクセスすることができます。ウェブ上にあるサービスなので、24時間いつでもどこでも遊ぶことができます。日本の法律では、国営ギャンブル以外の賭け行為をすることは賭博法違反になりますが、オンラインカジノの場合は設置されているサーバーが海外にあるため、日本の法律がそのまま適用されるということはなく、これまで有罪になった人はいません。では、それらの特徴からオンラインカジノが持つ他のカジノにはない特徴とはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

オンラインカジノ辞典

知識がなくても遊べる

競馬や競輪、競艇などのレースの勝敗を予想するタイプのギャンブルは、豊富な知識量が必要になります。過去のレースの勝敗の結果や、選手や馬同士の相性、その日の天気や状態など、様々な情報を掛け合わせて自分なりの結論を導き出さなければなりません。そのような意味で、蓄積されたかなりの知識量が必須となります。
また、パチンコやスロットに関しても、設定に関する知識や、その台に関する様々な情報を事前に知っておかなければ楽しむことができません。こちらも予習が必須のギャンブルだといえるでしょう。
宝くじは知識がなくても購入するだけなのでギャンブルに参加することはできますが、これはゲームを楽しむというよりは、どちらかというと、運が良ければ一獲千金というタイプなので、知識のあるなしに関わらずギャンブルそれ自体を楽しむということはできません。
しかし、オンラインカジノに存在しているゲームは、どれもルールが非常にシンプルです。そのため知識がなくても楽しむことができます。ポーカーやブラックジャックなどの、ルールが一般常識の範囲の中にあるゲームや、ルーレットなどの「どの穴に玉が入るかを予想する」というシンプルなルールが多いです。そのため、初心者でもゲームを楽しむことができます。

英語ができなければいけない

これは、必須というわけではありませんが、多くのオンラインカジノでは英語の表記が標準になっています。日本人向けに特化したサービス等もありますが、以前、日本人向けに特化しすぎたオンラインカジノのプレイヤーが逮捕されるという事件が起きたため、日本人向けなオンラインカジノでプレイするのはリスクがあるのであまりお勧めできません。
競馬であれ、パチスロであれ、宝くじであれ、基本的に国営ギャンブルは日本人向けに行われているサービスなので、表記は日本語ですが、オンラインカジノの場合はある程度英語ができなければ楽しむことが難しくなってきてしまいます。