オンラインカジノの基礎知識

年齢制限や国籍はどうなの?

オンラインカジノ

オンラインカジノを楽しみたい。でも自分は出来るのかよく分からないと思っている人もいるのではないでしょうか。確かにオンライン云々ではなく、通常のカジノも年齢制限等がありますし、法律的な側面もあります。そこでオンラインカジノは誰でも楽しめるものなのかを検証してみるとしましょう。

未成年は楽しめません

残念ながらオンラインカジノは未成年は楽しめません。特に現金にてオンラインカジノ内の通貨を購入する、いわば利益が狙えるタイプのオンラインカジノの場合、会員登録はもちろんですがその際に身分確認も求められるのです。そこで未成年ではないことが証明出来れば換金システムを利用出来るようになります。つまりは利益を狙えるようにもなるのですが、身分証明書を出さなければ年齢が分かりませんので、換金が出来ません。無料で楽しめる部分のみの利用になってしまいますので、利益を狙いたいのであれば身分証明書を準備しておきましょう。いくらオンラインカジノを楽しみたいからといって、身分証明書をオンライン上でやり取りするのはさすがに不安という人は残念ながらオンラインカジノは無料で楽しむに留まります。

法律

日本人でもokなの?

そもそも日本人でもOKなのかという疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。我が国ではカジノは法律によって禁止されています。つまり、カジノを楽しめば逮捕されてしまうのです。これはオンラインカジノでも同様だろうと思っている人もいるでしょう。その認識は間違いではありません。もちろん今後法律が変わる可能性もあります。特にIR関連法案は、事実上のカジノ解禁でもあるのでオンラインカジノを楽しめるようになるのですが、2016年12月現在、カジノは法律によって禁止されていますので、オンライン上であっても楽しめません。ですがこれはあくまでも国内の法律です。インターネットの方区分は、いわばサーバーが置いてある国の法律が適用されます。そのため、日本のサーバーではオンラインカジノは違法ですが、カジノが合法となっている国のサーバーに置かれているオンラインカジノでれば違法ではないのです。日本の常識だけで考えるとカジノは違法ですが、世界的に見ればカジノを合法にしている国も多数ありますし、中には政府がカジノを推進しているような所までありますので、そのような国のオンラインカジノであれば、日本人が楽しむのも問題はありません。

言葉の壁の問題をどうするのか

カジノが認められている国のサーバーに置かれているオンラインカジノであれば日本人であっても問題なく楽しめるのですが、一方では言葉の壁が存在するのも事実です。外国にあるのに日本語で表記されている訳がありません。ですが、オンラインカジノの中には日本語をサポートしている所がいくつかありますので、それらを活用してみると良いでしょう。すべてのオンラインカジノに用意されている訳ではないのですが、日本語サポートしてくれているオンラインカジノであれば外国語を理解出来ない人であっても問題なくオンラインカジノを楽しめるのです。換金面まで徹底的にサポートしてくれる所もありますので安心なのではないでしょうか。

儲け

儲けられるのか

オンラインカジノが出来る原理は分かっていただけたかと思いますが、ではオンラインカジノで利益が出るのか。こちらに関しては「必ず」という言葉は使えません。オンラインカジノの結果がどのようなものになるのか。つまりは儲けられるかどうかという点も結局は自分次第になります。運が良ければ勝利して大きな利益を得られるかもしれませんし、運が悪ければ自分が用意した分の軍資金がすぐになくなってしまうかもしれません。こちらに関してはオンライン云々ではなく、カジノの特性上「勝負は時の運」としか言えませんので、儲けられるか否かというのは結局は「運次第」としか言えません。

本当に勝てるの?裏で不正しているんじゃないの?

オンラインカジノはプログラムされたゲームでもありますので、ユーザーが勝てないよう裏で細工しているのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、実際にはそのようなことはありません。特に政府レベルで認可を受けているような真っ当なオンラインカジノの場合、仮に不正でも行っていることが露呈すれば認可が取り消しになるのでリスクになります。また、今の時代は様々な情報が口コミで瞬時に錯綜する時代なだけに、仮にですが不正が行われているのではないかとの疑念を抱かれようものならお客は去っていくでしょう。利益のためにと思って不正を行っても長い目で見れば業者にとっては損失にしかならないのです。認可を受けている業者であればそのような小細工はしませんので、オンラインカジノを楽しみたいのであれば真っ当な所から認可を受けているオンラインカジノ業者なのかを確認した上で楽しむと良いでしょう。それだけでも安全性が違うものです。